What’s new

2022 / 03 / 02  20:48

3月8日&10日

門下発表会&芸劇オルガン講座のお知らせ

ご無沙汰しております。緊迫のウクライナのニュースに胸が痛みます😢

私がコロナ前に行った演奏旅行が、ロシアのペルミでしたが、あの親切な人々がこの戦争を支持しているとは思えません。

一日も早い停戦を願います!

 

さて、HPへの書き込みがまたまたご無沙汰となってしまいましたが、お知らせです。

 

武蔵野市民文化会館にて、門下発表会を3月8日(火)に感染対策を取りながら開催します。

「グランジュ」とは、ルイ14世時代のフランス古典作品の音色(レジストレーション)の名前で、賑やかなリード管合奏の音色です。

それぞれ個性豊かだけどお互いを尊重していて、団結力を持った門下生をイメージしたらこの名前になりました( ´艸`)

 

 

273328095_10220899201289641_7535190259421643241_n.jpg

プログラムはこちら↑。総演奏時間は3時間半!しかもプロ顔負けの重量級の大曲が並びます。皆さん、コロナで逆に練習のエネルギーが増した気がします。

そのレジストレーションの記憶作業を2月中に13人分、5回に分けてやってきました。一人1時間と時間が限られてるので時間との勝負で、4時間ノンストップで終わると汗だく、充実した疲労感でした(^^;

273311015_10220899202249665_7532006209531236674_n.jpg

楽器としては中規模ながら、対応レパートリーが多くとてもバランスの良い音色を持つ楽器(デンマーク製)です✨

音色を決める作業は、舞台から離れて客席に走って確認します。ペダルが大きすぎるかな?とか。もっと手に輝きを与えたいなぁとか。そして、これはお料理にも言えてますが「一口食べてめちゃくちゃ美味しい(良い)!」と思ったけど、ずっと食べてる(聞いてる)と「あれ、しつこいなぁ?」みたいなレジストレーション(音色)がオルガンにもあり、奥が深いなぁと思いました。

そんな面倒で奥深く、オルガン演奏には欠かせない「レジストレーション」についての講座を、3月10日に東京芸術劇場でレクチャーとしてやります!

東京芸術劇場パイプオルガン講座 第88回 

レジストレーションの実践  フランス

https://www.geigeki.jp/performance/event_organ2021/

 初めての方にもわかりやすく、基礎的な事からお話したいと思ってます。現在、急ピッチでパワポ作成中

↓パワポのスクショ。ストップノブが顔!( ´艸`)

 2022-03-02 (1).png

こちらはランチタイムコンサートの後、お席があれば当日でも参加可能です。どうぞお運びください。 

 

2021 / 12 / 02  22:12

オルガン花鳥風月

オルガン花鳥風月

またまたHPではご無沙汰&直前の告知です。最新情報はFacebookを中心に更新しておりますが、こちらまでなかなか手が回らず、バタバタな生活に反省です。。泣

734DE985-C90B-4250-BD6A-EC0FF0C2A7A8.jpeg

家で練習中、ちょっと席を外したら、ルナに占拠されました…😆

30ECC9AF-7B62-46F0-8DAC-7CB62F9672AA.jpeg

明後日、12/4(土)17時より、新宿文化センターにて行われる柿沼唯さんの個展にて「かきつばた」を演奏させて頂きます!

https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/shusai/26817/

「かきつばた」のお披露目は、先月4日のサントリープロムナードコンサートでしたが、音のくっきりしたサントリーのリーガーオルガンと、幻想的な新宿のケルンオルガンでは全く違う印象でびっくりです。もちろん、音色選び(レジストレーション)も全然変わります。

0F5B527B-2A9B-40BA-8B97-19E535DFAB2A.jpeg 6072F736-F0B1-45D7-BE97-9AF2FE6864B6.jpeg

↑みんなで交代にリハーサル。日本を代表するオルガニストばかりです。私は作曲年が新しい曲ということから、演奏会後半の最後に弾かせていただきます(責任重大…)

日本特有の繊細な美を表現した素敵な作品が並びますが、これらを一度に聴ける機会もそうそう無いと思います。オルガンファンの方はどうぞお聞き逃しのないように★ 

2021 / 10 / 10  18:37

演奏のお知らせ

サントリープロムナードコンサート

いつも事後報告と言われないように・・・次回の演奏会のお知らせです!

11月4日(木)に

サントリーホールオルガンプロムナードコンサートに出演します!

https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20211104_M_1.html

久しぶりのサントリーでの演奏、嬉しいです♪

プログラムとコメントはまだHPには公開されていませんが、バッハ、デュリュフレ、そして柿沼唯氏の作品を演奏予定です😊

昨年より指定席制になったため、二階席をご希望の方はお早目にお申込みください。

2021 / 09 / 03  22:21

歌声と共に

歌声と共に

571EC780-184C-45FB-AE01-182E3595B4C8.jpeg

 

ご無沙汰しております。Facebookではコンサートの告知していたのですが、すっかりこちらのHP更新がお留守になってしまいました。。夏の演奏会のご報告です🙇‍♂️

 

☆8月27日(金)神奈川県民ホール ナイトプロムナード

47AC6734-E365-430C-922B-F4135FB05BCC.jpeg

メゾソプラノの三宮美穂さんと「祈りの歌」をテーマに、ヘンデル、バッハのコラール、そしてデュリュフレと武満徹を演奏しました。コロナ禍の今、私たちは毎日祈る気持ちで過ごしていますが、コラール(ドイツプロテスタント教会の賛美歌)は特にペストのパンデミックの中で生まれ、ペスト救済への祈りも含まれているそうです。

↓リハーサル動画をちょっとだけ

https://www.facebook.com/kenminhall/videos/516621512954333

 

 三宮さんはボーカルグループ「彩美歌」のメンバーで、CD「木下牧子をうたう〜アカペラ〜」をリリースしていらっしゃいます。 

http://ayamika.main.jp/

三宮さんの歌は、心にすっと優しく入るお声で、気づいたら目がウルウル・・・いう感じのコンサートでした(´;ω;`)

終演後、三宮さんと共に❤️

A3F3A200-6C7F-4103-B74D-F39D452342F7.jpeg 

 

 ☆9月3日(金)東京オペラシティ第199回ヴィジュアルオルガンコンサート(あと1回で200回!)

長年お世話になっているホール職員Yさんの粋なお計らいで、大学の先輩にして同郷のテノールの大槻孝志さんとの共演が実現しました!!

大槻さんは「イル・デーヴ」のメンバーにして、数々のオペラに出演のテノール歌手。ヒロインが一目ぼれしちゃうのも無理もない!という、かっこよすぎるビロードのお声です。そして、大オルガンを背負っても決して負けることの無い豊かな声量で、まさに「響演」でした。

大槻さんご出演の動画:

https://youtu.be/MP8MfNlJsWw

3FD5E0B3-FBD3-4C49-BA87-AD28F58B7600.jpeg

↑リハーサル風景。

何と、本番衣装で写真を撮り損ねました・・・赤いシャツにお召し替えまでしてくださったのに・・・(痛恨)

いずれYouTubeでダイジェスト動画が出るそうなので、公開されたらお知らせいたします☆

 

パイプオルガンは「風の力」でパイプを鳴らします。つまり、人間の歌と似たしくみしくみです。お二人のような歌をいかにオルガン上で表現するか…永遠の課題です。

 次回の本番はしばらく充電期間を頂き、11月4日(木)サントリープロムナードコンサートです。

2021 / 06 / 17  07:54

フォーレのレクイエム

フォーレのレクイエム

250746C5-DA40-4632-BA1E-72985E26465F.jpeg

またまたギリギリの告知ですが、明日合唱団Mimosaの演奏会@川口リリアホールで、フォーレのレクイエム〈オルガン伴奏版〉を演奏します。

1DB2CD3D-180B-4AD0-A71D-8AFFD2A554C3.png

 

昨年延期となった演奏会なので、皆さん気合が入ってます!私もコロナ禍以後初めての合唱伴奏です。

川口リリアホールのオルガンは、スイスのクーン社製。ミューザ川崎やオペラシティと同じメーカーで、とても使い勝手の良い楽器です。

250746C5-DA40-4632-BA1E-72985E26465F.jpeg

 

E62AEA3B-863F-4870-8026-B416BD9BAEC3.jpeg

 

オルガンはピアノと鍵盤の色が白黒逆の楽器が結構あります。オルガンは統一規格が無いので、知らないメーカーの楽器は「電源ボタンどこ〜?」となる事も(うそのようなホントの話…)

そしてピアノと違って、フタを開けたらすぐに音が出る楽器ではなく、事前に使うパイプを選んでコンピューターに記憶する作業「レジストレーション」が欠かせません。

この地味にして真剣勝負の作業を経て、昨日初めて合唱団とホールで合わせましたが、本番直前まで細かい音量と音色を調整する作業は続きます。外国だったら、教会専属のクワイヤーとオルガニストが毎回同じオルガンでたっぷりとリハーサルができるのでしょうけど、日本のコンサートホールではそうは行かないので、本番まで時間勝負です😂

でもフォーレはさすがの名曲。マエストロと団員さんの音楽に添えるよう頑張ります!

1 2 3 4 5 6 7 8 9